この春、モノトーンはどう更新する?


“Ginaらしさ”といえばエッジの効いたモノトーンルック。今回はそんなスタイルの鮮度を上げる提案を、スタイリスト加藤由唯さんが教えてくれました。

 

Ginaで人気のモノトーンスタイルを作る
スタイリスト加藤由唯さんって?

創刊時から「Ginaスタイル」を作り続けてくれているスタイリスト加藤さんの得意分野が、まさにモノトーン! プライベートでは、白と黒の服率が高めとのウワサ。

 

加藤さんがこの春、更新したいことは?
まずは加藤さんが肌で感じるキーピースをピックアップ!トレンドを自然とキャッチする環境に身を置く、スタイリストさんが言うことは間違いないのが定説!

1

いつもより白を

多めに配色

Yui Kato’s comments…

「昨年の春までは断然黒が多めだったけど、流行りの関係もあって、白が個人的なブームに。ふわっとしないよう、ウエストをシェイプしたり黒小物を合わせたり、引き締めポイントを作るのが秘訣」


白にスパイスを加える
ミニマルなスタイリング

甘くなりやすい色だから、スウェットでメンズっぽさを、リネン素材でカジュアル感をプラスしてバランスを調整。スウェットトップス¥19,000/フミエタナカ(ドール) ワンピース¥25,000/ブラック バイ マウジー(バロックジャパンリミテッド)ピアス¥34,000/フレーク バッグ¥36,000/オソイ(ウトス PR)

 

きちんと感のあるジャケットを、デニムでデイリーに和ませて。コート¥39,000(ステュディオス)、Tシャツ¥16,000(ステュディオス×ビューティフル ピープル)/ともにステュディオス ウィメンズ新宿店 デニムパンツ¥14,000/モナーム(カイタックインターナショナル) サングラス¥12,800/コモノ(コモノ東京)バッグ¥13,900/ジョアンナ マクサム(ティースクエア プレスルーム)シューズ¥8,500/KBF(KBF ラフォーレ原宿店)

 

2

白見えジャケットを
羽織りたい

Yui Kato’s comments…

「今、一番欲しいのがジャケット! 真っ白じゃないアイボリーっぽい色合いが、コンサバになり過ぎず一番使えるはず。シルエットや素材でかっちりし過ぎないタイプがオススメです」

ビッグシルエットの一枚は
羽織るだけでサマになる

ジャケット¥23,000(アールビーエス)、デニムパンツ¥21,000(レッド カード)/ともにビームス ウィメン 原宿 タンクトップ¥11,000/カーサフライン(カーサフライン 表参道本店) ベルト¥6,500、バッグ¥12,000/ともにトゥデイフル(ライフズ 代官山店) ピアス 各¥14,000/イー・エム(イー・エム 表参道店) サンダル¥28,000/ファビオ ルスコーニ( ファビオ ルスコーニヴィオロ 福岡店)

 

モノトーンにもなじみの良い色だから、黒に合わせると程良いフェミニンさにまとまります。この春は、堅苦しくない、タウンユースなジャケットスタイルを楽しみたい。ジャケット¥46,000/ルシェルブルー ワンピース¥25,000/エトレトウキョウ バッグ¥29,000/マロウ(シック) ブーツ¥56,000/ステュディオス×トーガ(ステュディオス ウィメンズ新宿店)

 

3

とろみのある
素材が気になる

Yui Kato’s comments…
「私のワードローブに欠かせないアイテムのひとつがこの素材。サテンなど、女性らしさが演出できるアイテムにマニッシュ系のものを合わせて、スタイリングするのがセオリーです」

ブラックでまとめることで
際立つ素材のフェミニンさ

リラクシーなパンツが醸し出すクラス感。パンツ¥30,000/カーサフライン(カーサフライン 表参道本店)トップス¥12,000/リムアーク(バロックジャパンリミテッド) ハット¥15,500(ラック オブ カラー)、シューズ¥31,000(ミスタ)/ともにジャック・オブ・オール・トレーズプレスルーム バングル¥20,000/ジュエッテ バッグ¥19,000/トーヴ(ロードス)

 

1_肌触りの良いキャミワンピは、加藤さんも愛用するアイテム。ワンピース¥15,000/アクアガール(アクアガール丸の内)

 

2_細かいプリーツ使いに注目を。スカート¥34,000/アダワス(ショールーム セッション)

 

4

ウエストシェイプされた
アイテムを取り入れたい

Yui Kato’s comments…

「長い間、全体的にルーズなスタイリングがトレンドだったので少しマンネリ気味。どこかにタイトなポイントを作って、メリハリを出したい気分なんです。女性らしいウエストを強調」

シルエットでゆるやかに

緊張感を漂わせて

トップスにシャープさを出した分、ボトムにはゆるさを残して。スニーカーでハズして遊びの幅を広げたい。カーディガン¥39,000/サヤカ デイヴィス(ショールーム セッション)スカート¥11,000/レイ ビームス(ビームス ウィメン 原宿) バッグ¥15,000/ブリー レオン(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)スニーカー¥49,000/アンダーソン ベル(ウトス PR)

 

1_ラフさが漂うニット素材。ワンピース¥29,000/カーサフライン(カーサフライン 表参道本店)

 

2_スウェットがモードにブラッシュアップ。トップス¥14,000/ルシェルブルー

 

【詳しくは本誌をチェック!】

Gina2020Spring

Photo_Model:Gen Saito〈ACUSYU〉 Still:Noriko Fukase〈G.P.FLAG〉 Styling_Yui Kato Hair&Make-UP_ANNA.〈SHIMA〉 Model_Saramary Edit&Text_Moe Ito Design_attik

 

【webから購入できます!】