トップ / FASHION / “Ginaらしさ”を生み出し続けてきたST加藤由唯さんと考える「Gina流 カッコイイの作り方」vol.2
2024.1.14

“Ginaらしさ”を生み出し続けてきたST加藤由唯さんと考える「Gina流 カッコイイの作り方」vol.2


#加藤由唯

Ginaが提案してきた女性像は、一貫してカッコイイ人。そんなGinaらしいスタイルを、ファッションのアプローチで築いてきたのが加藤由唯さん。インタビューを通して、改めてGina流のカッコイイの作り方を教えてもらいます。
Vol.1はこちら>

創刊から12年間、Ginaの基盤を支えてきたスタイリストの加藤由唯さん。Ginaが目指す女性像を体現するファッションには、シンプルをオシャレに見せるテクニックと、“内面の強さ”がカギでした。

スタイリスト 加藤由唯さん
モノトーンを軸に、シンプルなのに洒落て見えるスタイリングに定評あり。Ginaでは創刊からカバーや特集を担当。モデルやアーティストからの指名も多い。

シルエットや素材を変えてちょっとしたアップデートを!

加藤:辛口でカッコイイ女性像は、常に意識しています。トレンドはあれど、クローゼットのベースになるアイテムはそんなに変わっていないかも! 同じアイテムの中で、シルエットや素材のちょっとしたアップデートを続けている感じ。

栗田:Gina読者はファッションもメイクも、自分の“好き”がブレずにある子が多い印象です。“好き”を掘り下げながらも、アップデートは必要ですね。

「モノトーンの定番イメージを更新するには、季節感のある素材や女っぽいディテールを取り入れるのも一つの手。」

スカート¥22,990/アンクレイヴ ホワイト(アンクレイヴ)

いつもの黒を新鮮に見せるレザー素材。スカートも辛口に。

ニット¥17,600/スモールカーサフライン(カーサフライン 表参道本店)

デコルテ部分の肌見せで女っぽさをプラス。

メンズライクなアイテムを女っぽく、でも媚びずに着る

栗田:加藤さんのスタイリングといえば、やっぱりモノトーン。加藤さん自身も普段からモノトーンしか着ないですよね。

加藤:ずっとモノトーンで、カラーレスなスタイリングが基本です。その中でも最近だと白が多めのワントーンにして、バランスを変えてみたりしています。

栗田:モノトーンという枠の中で常にアップデートしつつも、12年間やり続けても飽きのこないコーデ術ってすごい!

加藤:12年前を振り返ると、ライダースにスキニー、あとスタッズも流行ってましたね。足元はハイヒール一択!

栗田:当時はスニーカーが出てくることなんてなかったですよね。スポーティ要素を加えるようになったのも、ここ数年の変化。加藤さんが考える“今”のGinaらしいスタイルに必要なアイテムは何ですか?

加藤:シンプルという軸を持ちながら、メンズのクローゼットにあるようなアイテムは入れるようにしています。あとはそれをいかに女っぽく着るかどうか。メンズライクと女っぽさのバランスは特に意識しています。


「メンズっぽい要素を取り入れるとシンプルなのに今っぽくなる」

“スポーティカジュアルはGinaの新しい軸”

©Yuzo Touge

「シンプルな中にエッジを効かせてくれるのが、メンズライクなアイテムです。ゴツめな小物を足したり、ここ数年はスポーティなアイテムも不可欠な存在に。」

キャップ¥4,400/ニューエラ

手っ取り早くスポーティ要素を足すなら、キャップが間違いない。

コート¥39,600/メゾンスペシャル(メゾンスペシャル 青山店)

ショート丈にアップデート。スタイルUPも叶う。

ローファー¥28,600/ステュディオス×AKIKOAOKI(ステュディオス)

ボリューム感のある足元が今っぽい。

ネックレス¥99,000/ブランイリス(ブランイリス トーキョー)

コーディネートのポイントになるゴツめのシルバー。

Gina 2023-24 Winter
Photo_Still:Daisuke Kusama Edit&Text_Kana Hirota ReEdit_Mie Takenouchi〈Gina〉

*商品の表示価格はいずれも税込み価格となります。

ranking ranking
新しい季節のオシャレを楽しむために、今手に入れたい〈春ニット〉はこれ!

2024.2.21

ワードローブに今すぐ加えたい! ユニクロの「大人ブルゾン&パーカ」

2024.2.22

ブーツはまだ手放せない! 春の気温差に備えたブーツ3選 

2024.2.25

最強開運日に向けて「VASIC」のスモールレザーグッズを新調!

2024.2.26

11月10日(金) Ginaからデジタル版ビューティブック「Gina Natural Beauty」が発売!

2023.11.1

sofficial_Instagram
icon
gina_mag
Gina編集部
  • シチリア生まれのオーガニックコスメブランド『アルジタル』は、「グリーンクレイペースト」を筆頭に、クレイ美容の火付け役的存在です。そんなアルジタルには、実はクリームの名品が多いことを知っていますか?

今回Gina Webでは、長年アルジタル愛好家でもあるGina編集長の栗田と美容ライターの広田が、行きつけのお店【アルジタル 表参道】から「名品クリームBEST4」をご紹介!

数あるアイテムの中から、美容通の二人が選んだのは?
自分に合ったクリームの選び方や、オススメの使い方、それぞれの効能や香りなど……魅力をたっぷりとお届けします。

詳しい記事はこちらのURLから!
https://gina-official.com/blog/beauty/g31344/

#Gina #Gina_mag #ARGIRAL #アルジタル #アルジタル表参道 #greenclay #グリーンクレイ #organic #オーガニック #pr