トップ / BEAUTY / メイク / “私たちらしい”メイクがわかる! 人気HM笹本さん的Ginaメイクの掟
2023.6.12

“私たちらしい”メイクがわかる! 人気HM笹本さん的Ginaメイクの掟


#笹本恭平

抜群のセンスでGinaのカバーをはじめ、数多くの企画のヘアメイクを担当する笹本恭平さん。そんな笹本さんが考える、“Ginaらしい”スタンダードメイクの掟を教えてもらいました。


教えてくれたのは…

HAIR & MAKE-UP 笹本恭平さん

ファッションとメイクのバランスを計算した“洒落顔”メイクが支持を集める。Ginaをはじめ女性誌のカバーメイク、また広告などでも引っ張りだこ。Instagram▷▷@kyoheisasamoto

キャミソール¥11,000/エーピー ストゥディオ(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク) 3連チェーンネックレス¥23,650/ニナ・エ・ジュール(ショールーム ロイト) モチーフネックレス¥15,180/チエコ+

Ginaメイクの掟_1

Ginaメイクで一番意識しているのはカッコ良さと抜け感

「カッコ良くて、カジュアルな抜け感があるのが、Ginaのアイデンティティなのかなと思っています。もちろんそれぞれ良さがあるのですが、日本はキレイめな正統派や甘いテイストが好きな人が多い。それに対して海外ではメイクも、大人っぽさやヘルシーな雰囲気が好まれます。そういう意味でGinaは海外の意識に近く、“カッコ良い”をずっと貫いている。メイクでもその雰囲気を作り出したいです」

Ginaメイクの掟_2

メイクで意志の強さを出したい。
例えば目元はしっかり作るとか、
どこかに必ず締まるポイントを

「Ginaならではのカッコ良い女性像に近づけるには、顔の中でどこか一箇所は必ず締めるポイントを作るようにしています。全部がボケボケにならないように! 以前は眉を濃く、印象的に作ることが多かったですが、最近は目元重視にバランスが変わってきています。黒マスカラを使うことも増えました」

Gina 2023 Summer

Photo_Yutaro Yamane〈TRON〉 Hair&Make-up_Kyohei Sasamoto〈ilumini〉 Styling_Miku Ishikawa Model_Lisa Oda Edit&Text_Kana Hirota ReEdit_Kanako Kurokawa〈Gina〉

ranking ranking
新しい季節のオシャレを楽しむために、今手に入れたい〈春ニット〉はこれ!

2024.2.21

ワードローブに今すぐ加えたい! ユニクロの「大人ブルゾン&パーカ」

2024.2.22

ブーツはまだ手放せない! 春の気温差に備えたブーツ3選 

2024.2.25

最強開運日に向けて「VASIC」のスモールレザーグッズを新調!

2024.2.26

11月10日(金) Ginaからデジタル版ビューティブック「Gina Natural Beauty」が発売!

2023.11.1

sofficial_Instagram
icon
gina_mag
Gina編集部
  • シチリア生まれのオーガニックコスメブランド『アルジタル』は、「グリーンクレイペースト」を筆頭に、クレイ美容の火付け役的存在です。そんなアルジタルには、実はクリームの名品が多いことを知っていますか?

今回Gina Webでは、長年アルジタル愛好家でもあるGina編集長の栗田と美容ライターの広田が、行きつけのお店【アルジタル 表参道】から「名品クリームBEST4」をご紹介!

数あるアイテムの中から、美容通の二人が選んだのは?
自分に合ったクリームの選び方や、オススメの使い方、それぞれの効能や香りなど……魅力をたっぷりとお届けします。

詳しい記事はこちらのURLから!
https://gina-official.com/blog/beauty/g31344/

#Gina #Gina_mag #ARGIRAL #アルジタル #アルジタル表参道 #greenclay #グリーンクレイ #organic #オーガニック #pr