トップ / FASHION / 私たちモノトーン派! / キレイめにもカジュアルにも対応する包容力があるから。この冬「黒スラックス、一択」

キレイめにもカジュアルにも対応する包容力があるから。この冬「黒スラックス、一択」


#スラックス

ハンサム派の冬の鉄板ボトムといえば、やっぱり黒パンツ。その中でも今季は、どこかメンズっぽさを感じるスーツライクなスラックスが注目です。

黒スラックスならではの端正なイメージを味方にすれば、キレイめな装いはより品格が磨かれ、カジュアル度の高いアイテムはより大人に相応しい仕上がりに! 


#キレイめな日

オシャレ着としてのジャケットが身近になり、スラックスとのセットアップであえてかっちり着るのが今の気分。芯の強さと意志のある佇まいに。

ジャケットセットアップで芯のある女性像を体現

スラックス¥12,980、ジャケット¥18,920/ともにシールームリン タンクトップ¥2,750/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン) コート¥38,500/アクテ ネックレス¥15,800(マグノリア)、リング¥25,850(ドーラ)/ともにロードス バッグ¥74,800/バイ ファー(エイチスリーオーファッションビュロー) ブーツ¥31,900/トゥデイフル(ライフズ 代官山店)

インナーには白タンクを合わせて、セットアップにカジュアルな程良い抜け感を。


#カジュアルな日

ストリートやスポーティなど自分らしいカジュアルバランスを模索する中で、“トゥーカジュアル”を避けてバランサーになるのが黒スラックス。

メンズっぽいフリースにはワイドスラックスが好相性

スラックス¥14,850/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店) フリース¥16,500(THROW by SLY)、ネックレス¥4,400(スライ)/ともにバロックジャパンリミテッド ロンT¥3,850/フルーツオブザルーム(FTLジャパン) キャップ¥8,030/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) バッグ¥92,400/バイ ファー(エイチスリーオーファッションビュロー) ブーツ¥14,900/チャールズ & キース(チャールズ & キース ジャパン)

スポーティムードが漂う、フリース×ハーフジップ。ワイドパンツで上下リラックスシルエットに。

美脚フレアスラックスでスウェットがキレイめに着地

また辛口なレザージャケットで、全体をきりっと引き締めたのもポイント。スラックス¥6,930/ビームスドット(ビームス公式オンラインショップ) レザージャケット¥44,000/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン) スウェット¥15,400/アメリカーナ×ジーンズ ファクトリー(ジーンズ ファクトリー 本店) ピアス¥28,600/ドーラ(ロードス) バッグ¥9,900、ブーツ¥13,900/ともにチャールズ & キース(チャールズ & キース ジャパン)

肩の力を抜いて着られるラフなロゴスウェットには、細身&フレアシルエットのスラックスでシャープな女らしさを添えて。もちろん美脚見えもお任せ!


Gina 2022-23 Winter

Photo_Model:Yuzo Touge, Still:Daisuke Kusama Styling_Yui Kato Hair&Make-up_Taisei Kuwano〈ilumini.〉 Model_emma Edit&Text_Kana Hirota ReEdit_Ayaka Ono(Gina)

ranking ranking
sofficial_Instagram
icon
gina_mag
Gina編集部
  • シチリア生まれのオーガニックコスメブランド『アルジタル』は、「グリーンクレイペースト」を筆頭に、クレイ美容の火付け役的存在です。そんなアルジタルには、実はクリームの名品が多いことを知っていますか?

今回Gina Webでは、長年アルジタル愛好家でもあるGina編集長の栗田と美容ライターの広田が、行きつけのお店【アルジタル 表参道】から「名品クリームBEST4」をご紹介!

数あるアイテムの中から、美容通の二人が選んだのは?
自分に合ったクリームの選び方や、オススメの使い方、それぞれの効能や香りなど……魅力をたっぷりとお届けします。

詳しい記事はこちらのURLから!
https://gina-official.com/blog/beauty/g31344/

#Gina #Gina_mag #ARGIRAL #アルジタル #アルジタル表参道 #greenclay #グリーンクレイ #organic #オーガニック #pr