トップ / FASHION / 今日のコーデ / 白を選べば、アウターにも洗練さが宿る

白を選べば、アウターにも洗練さが宿る


#鈴木えみ

90年代、2000年代のリバイバルとともに、スポーティなスタイルのブームが再燃中! アクティブな気持ちに拍車をかけたいところだけど、大人に落とし込むには何かワンフックが必要そう。

そこで、「白をベースにすると自然と洗練さが漂う」法則を使って、半歩先を行くスタイリングを提案します!

アクティブなアウターをタウンモードに引き寄せる、その簡単なコツが色選び。白がそもそも持つクリーンさが野暮ったさの軽減に作用します。

ダウンの鮮度を高めるウエストベルトのあしらい

ジャケット¥60,500(ジェーン スミス × ワイルドシングス × ビューティ&ユース)、ブーツ¥22,000(ビューティ&ユース)/ともにビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店 中に着たシャツ¥18,700/トゥデイフル(ライフズ 代官山店) スカート¥17,600/プラージュ(プラージュ 代官山店) 

アウターのスポーティ要素が強い分、ストイックなシャツやロングスカートなど背筋が伸びるアイテムでスタイリッシュに。


OTHER ITEMS

コート¥39,930/フレイ アイディー

ジップをあげると、スタンドネックになる仕様が今年らしいダウン。クリーンな白が大人見え。

ブルゾン¥39,600/プラージュ(プラージュ 代官山店)

どんな天気もOKなアクティブさながら、ミニマルなデザインでシティに。

ライナージャケット¥7,975/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷)

軽くて暖かいキルトは、オフホワイトで程良い洗練さをプラス。

Gina 2022-23 Winter

Photo_Model:Kazuhiro Fujita Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Yukari Hayashi Model_Emi Suzuki Edit&Text_Moe Ito ReEdit_Ayaka Ono(Gina)

MOVIE

ranking ranking
ranking ranking
アウターを脱いでも洒落てる! デニムのセットアップには黒を忍ばせて。

2023.1.10

[マンガreview!]生理のこと、本当に知ってるって言える?『私も知らない月経の話』

2022.12.5

sofficial_Instagram
icon
gina_mag
Gina編集部
  • 🖤
私たち最愛のモノトーンコーデ。とりわけ強すぎたり、地味な印象になりがちなのが「黒」の装い。
そんなとき、ファッションとのバランスを調節する役割を担うのがメイクです。メイクの足し引きでトータルバランスを整えながら、さらに色や質感などの旬の要素をプラス。
「黒」を着る日こそ、メイクの更新が必要なんです!

そこで、Ginaでもお馴染み、大人気ヘア&メイクアップアーティストの笹本恭平さん @kyoheisasamoto から「黒を着る時のファッションとメイクのバランス」を教えてもらいました! 

今回は冬の定番・黒タートルの印象を変えたいときのメイク。眉毛に立体感を出して、強さとメリハリを出す方法とは?

メイクやアイテムの詳細はGina  Webにてチェックしてみて✔︎

#ファッション #Fashion #coordinate #パンツスタイル  #シンプルコーデ #カジュアルコーデ #辛口コーデ #ハンサムコーデ #ベーシック #モノトーンコーデ #タートルネック  #メイク #洒落メイク #七海  #Gina #GinaMagazine #ハンサム女子 #renorm #inella #hince #celvoke #suqqu #laka